教員紹介

研究室紹介

デザイン・建築計画学研究室

佐藤 信治 専任講師
専任講師 佐藤 信治

出身地:青森県弘前市/出身高校:東奥義塾高
趣味:動くこと(一人旅、空間鑑賞)、
動くもの(自転車、バイク、自動車)、
動くたま(野球、ソフトボール)


当研究室は、建築が企画され、設計を経て竣工する全過程の核となる、「デザイン」と「建築計画学」を専門分野にしています。


「デザイン」における活動

建築空間の本質はその内部であるといえますが、本研究室では、特にその内外部における水環境と建築のあり方を求めて研究・創作活動を行っています。写真(テクノプレース15:国土交通大臣賞、日本建築学会作品選奨、BCS賞など受賞)は、近年、当研究室が中心になり実施したデザイン事例の1つです。この建築は、写真のように陸上に建設されていますが、“風”や“光”といった自然環境と建築のあり方をテーマとしています。

また、研究室在籍の大学院生と学部生の多くは、将来建築家となることを目指しており、これに向け、日々活発に創作活動に励んでいます。テーマは、今日の社会要求を反映し、多岐にわたりますが基本は水環境と建築のあり方がテーマです。創設以来、本学科の学生はその設計活動において、毎日・DASデザイン賞((社)綜合デザイナー協会主催)で建築部門最優秀賞6作品を含む18作品の入賞など輝かしい成果を修めています。

「建築計画学」における活動

上記の諸要求を総合するデザイン活動に対し、建築計画では、その基本事項の究明に主眼を置いており、建築計画学とデザインを、創作活動において密接に関連する、いわば車の両輪のような関係と捉えています。研究室では現在、主に下記の建築計画のテーマについて行っています。

研究テーマ

  • 水族館に関する建築計画の研究
  • 水環境下における建築の空間デザインに関する研究
  • オープンエアーの建築の空間計画に関する研究
  • 透視図空間の解析に関する研究

URL : -------------------------