教員紹介

研究室紹介

海洋空間利用研究室

居駒 知樹 教授
教授 居駒 知樹

出身地:千葉県松戸市/出身高校:芝浦工業大学柏高校
趣味:体のトレーニング,研究の1/5

惠藤 浩朗 准教授
准教授 惠藤 浩朗

出身地:神奈川県茅ヶ崎市/出身高校:日本大学高校
趣味:スキー,キャンプ,温泉,ドライブ

増田 光一 特任教授
特任教授 増田 光一

出身地:千葉県/出身高校:県立東葛飾高校
趣味:旅行、ドライブ、映画鑑賞

  

研究対象領域

本研究室では浮体構造物・建築物の波浪中応答予測・評価や海洋水質環境予測・評価に関して研究している。これらの研究は理論的な取扱いから数値計算や評価方法の検討をはじめ、水槽実験や現地調査による実現象の確認まで幅広く実施されている。


地震津波による浮体構造物の被災評価と沿岸防災

津波発生から陸に到達するまでの津波伝播を考慮した係留浮体・施設の運動応答などを、津波の護岸への遡上まで考慮して実施し、浮体の被災から陸域の被災までの予測・安全評価を対象に研究を進めている。これにより津波を対象とした沿岸防災マップの作成を目指している。

海洋水質環境の予測・評価

東京湾や有明海のような閉鎖性海域の海水流動特性と水質や生態系の相互影響などを考慮した海洋環境シミュレーション技術に関して研究している。これらの予測手法の開発と共に、海洋水質環境問題を引き起こす具体的なメカニズムの解明やその対策方法を検討している。

超大型浮体の検討

海洋空間の有効利用を目的とした超大型浮体技術開発より詳細な検討へと移ってきた。本研究室ではより動揺量が小さく、より係留系への負担を低減可能な浮体形式として、エアクッション支持方式の超大型浮体を提案している。このような浮体形式の合理的な挙動予測手法の開発をはじめ、実現可能性の技術的検討を行っている。

ライザー管挙動メカニズムの解明

海洋石油の掘削・生産あるいは地球探査、そして近年では海洋深層水汲み上げのためにライザー管が利用される。ライザー管の潮流中・波浪中挙動特性は極めて複雑であり、そのメカニズムを解明するための水槽実験や数値計算を実施している。

URL : -------------------------

このページのTOPへ戻る