教員紹介

研究室紹介

コンクリート構造工学研究室

福井剛 准教授
准教授 福井 剛

出身地:東京都文京区/出身高校:日本大学第二高等学校
趣味:スキー

浜原 正行 上席研究員
上席研究員 浜原 正行

出身地:広島県尾道市/出身高校:県立福山工業高校


当研究室では、コンクリート系の海洋構造物及び長大スパンを必要とする建築構造物に不可欠なプレストレストコンクリート(PC)構造に関するテーマを主としています。併せて、コンクリート構造工学全般にわたる諸問題への対応テーマも同時に行っています。

PC造は地震力などの外力によって部材が大きく変形しても、外力がなくなれば元の状態に戻るという、極めて高い復元性に富んだ力学的挙動を示します。また、コンクリートの弱点であるひび割れを制御できるため、断面内部の鋼材が錆びることがないので耐久性に優れ、丈夫で長持ちのする構造物にすることができます。研究室では、このPC造の種々の利用法と合理的な設計法の研究、開発に携わっています。

それでは研究テーマを簡単に説明します。


プレキャストPC部材に関する研究

主に工場で生産されるPC部材を使って、海洋構造物や建築構造物を如何に合理的に作り上げていくかについての研究、開発。

PC骨組の柱・梁接合部に関する研究

構造物の柱・梁にプレキャスト材を用いて骨組を構成すると、その接合部には力学的諸問題が多く残されています。これらの問題点を整理し、実験から力学的挙動の把握と考察を加え、適切な設計法の確立を目指します。

組立構造物の接合法に関する研究

構造物の骨組を構成するための、種々の接合法を提案し、合理的で実用性に富んだ設計法の確立を目指します。

URL : -------------------------