教員紹介

研究室紹介

沿岸域工学研究室

小林 昭男 教授
教授 小林 昭男

出身地:東京都千代田区/出身高校:浦和市立高等学校
趣味:ドライブ、スキューバダイビング

野志 保仁 助教
助教 野志 保仁

出身地:東京都出身高校:日本大学第一高校
趣味:サーフィン、研究、ラーメン、映画


海洋建築物の建設に必要な、自然条件の評価、建設による環境影響の予測、効果的・効率的な建設方法など、建設に関わる技術を総合的に研究し、成果を実際のプロジ工クトに反映できるように整備しています。研究活動の主な内容は次の通りです。


自然条件の評価に関する研究課題

沿岸海域の波には、周期が30秒以上もある振幅の小さな波が含まれていて、係留された構造物の大きな揺れや損傷の原因になっています。そこで、海洋波の観測データをもとに、この波の特性を究明しています。また、大波が来襲する海岸では、建築物や海岸構造物の安全を確認する必要があります。そこで、現実と同じように崩れて斜面を駆け上るような波のシミュレーション技術を研究しています。

環境影響の原因究明と将来予測に関する研究課題

日本の海岸には多くの構造物が建設されているため、砂浜が減少しています。一方で、海岸防災は人命と財産を守る重要な課題です。双方を満足する対策の策定のために、海岸の実態調査による現象把握を重視して予測技術を開発しています。この研究成果は防災だけではなく砂浜に棲む生物に対する環境影響予測にも利用できます。また、海岸侵食は開発途上国でも激増しており、海岸に関する情報が少ない地域でも、構造物の建設と砂浜変形の関係が予測できる技術を研究しています。

効率的・効果的かつ安全な建設に関する研究課題

海洋では、作業用の船舶や浮体式の建築物が安全に稼動できる波浪条件の限界を知ることが必要です。そのために波による揺れ量の予測シミュレーション技術を研究しています。また、建築物や作業船が大波でも揺れないようにする技術を、学生のアイデアをもとにして開発しています。