教員紹介

教授と学生たちの横顔

居駒ゼミ&ゼミ生

居駒ゼミ1

海のことが好きだから、海のことを学べる場所を探していたんです

居駒ゼミ2
居駒ゼミ3
居駒ゼミ4

目の前に広がる巨大な実験施設。この日本最大級の海洋シミュレーション施設を眺めるゼミ生たちの目は子供のように輝いている。

「海のことが好きだから、海のことを専門に学べる学校を探していたんです」

海流について、海洋建築について、土木について。それぞれ動機や経緯は違っても、皆が“海”に惹かれて集まってくる。

実際、海には陸地よりも遥かに未知の分野が多い。まだまだ無数の謎が残されている神秘の世界だ。その中でも浮体工学(海に浮いているモノや津波等の影響など)を専門にしているのが居駒ゼミ。現場の海で調査して、更に校内でシミュレーションする。するとその度に新しい発見がある。

「これだけの施設があるから、目の前で知りたかった答えや欲しかったデータ出るんです。そういう発見はやっぱりすごく嬉しいですね。ここで勉強する大きな醍醐味のひとつです」と学生たちは言う。

 でも、それだけではない。04年12月。インドネシア西部スマトラ沖で発生した大地震と大津波はわずかな間に世界各地で30万以上もの人々の命を奪っていった。もともと地震災害の少ないエリアだったために、被災者の多くは津波の恐ろしさはもちろん「津波」という言葉すら知らなかった。

「海のことが好きだから、そんな津波の被害から人や建物を守りたいと思うんです。将来は海の防災に関わるような、海洋コンサルタントの仕事に就きたいですね」

 そうゼミ生たちははにかみながら、けれど熱っぽい声で語ってくれた。

居駒知樹 教授

(社)日本建築学会:海洋建築委員会本委員会幹事,海洋建築デザイン小委員会主査/(社)日本船舶海洋工学会:海洋工学研究会,海洋環境研究会/日本沿岸域学会:企画運営委員会委員/海洋エネルギー資源利用推進機構:波浪エネルギー分科会委員,海流・潮流・潮/汐分科会委員/海洋工学懇談会:幹事/Marine Technology Society 会員

このページのTOPへ戻る